港区・赤坂氷川神社

いろいろな縁起を持つ赤坂氷川神社

東京都港区にある赤坂氷川神社は、一人の僧正が夢のお告げによって創建したもので、西暦951年に開かれました。
大変古い歴史を持つ神社であり、素盞嗚尊と奇稲田姫命、大己貴命の3柱を祭神として奉っています。
素盞嗚尊は、八岐大蛇を退治して草薙の剣を得たという神話の主人公で、その勇猛さゆえに、多くの縁起をもたらすとされています。

たとえば、家をその力で守ってくれるという信仰から、家内安全の祈願が捧げられる神様となっています。
また、悪を退治するという経緯から、厄除け邪気払いといった縁起にも関係しています。

さらには、一緒に奉られている奇稲田姫命と結ばれ夫婦となった頃から、縁結びや良縁の縁起もあるとされ、カップルや夫婦などがこうした祈願をするために、お参りに来る様子が見られます。

結婚式も行われる縁結びの神社

915b327e63da7cdd0a9fb7cf91ee10f8_sこのようにたくさんの縁起を持つ赤坂氷川神社ですが、中でも縁結びのご利益が注目されていて、ここで神社を挙げたいと願う人が多くいます。
実際に、神前式の取り決めもあって、神職が祭事を行い、厳粛な雰囲気の中式が挙げられます。

しかし、神社での挙式というと、現在ではあまり一般的でないというのもあって、どのようにしたら良いか不安と感じる人も少なくありません。
そうした人のために、神社での挙式をサポートするサービスがありますので、積極的に活用すると良いでしょう。
神前式の魅力の1つである、美しい着物のレンタルやアイテムの貸し出し、着付けなども行っていますので、面倒な準備なしにできるようにしているのもうれしいところです。

いくつものプランがあって思い出に残る結婚式が挙げられる

親しい人だけで行う食事会や、友人や親族など大勢の人を呼んで大きな会場で楽しむ披露宴など、それぞれの希望に合わせてプランが設けられていますので、一生の思い出に残る素敵な結婚式とできます。

また、神前式の後にお色直しをして、違った雰囲気で披露宴を行うなど、フレキシブルなプランも可能ですので、しっかりと相談して好みにマッチした式にできるのも魅力です。
一生の中で最も晴れやかな時間となる結婚式ですから、しっかりと準備して最高の式にしたいものですね。
まずは、サイトを訪問して情報収集してみることから始めて、どんなプランがあるのか、どんな手順で神前式を行えるのかを確認してみると良いでしょう。