中央区・鐵砲洲稲荷神社

平安時代に創建された由緒ある神社

e9388a4cd249dd356ebe22cb42125849_s鐵砲洲稲荷神社は、中央区湊に位置する神社で、とても古くからこの地で、人々の安全を守ってきた神社として崇敬を集めています。
その始まりは、西暦841年までさかのぼり、平安時代に創建されました。
この時代、自然現象によって飢饉が頻発していて、人々の苦しみは相当なものでした。

この飢饉を乗り越えるため、穀物の実りを祈願するために、産土神を奉ったのがこの鐵砲洲稲荷神社の始まりとされています。
その後も、江戸の要衝として重要なロケーションにありましたので、人々が参詣に訪れ、安全を祈願していました。

(参考記事)
http://www.teppozujinja.or.jp/

また、鉄砲洲という、江戸の水運の要となるところに立地しているため、回船業や倉庫業を営む商人たちから、商売繁盛と海上交通の安全を祈願されるようになり、この習慣が全国に広まっていくようになりました。
江戸から大量の品が日本各地に輸送されていましたので、それと同時に鐵砲洲稲荷神社の信仰も全国に広がったのです。
こうした背景から、江戸から遠い地方の商人も、わざわざこの神社に奉献品を参じたという話もあるほどです。

大きな盛り上がりを見せる例大祭

神社の魅力の1つは、そのお祭りですが、この鐵砲洲稲荷神社も、多くの人が参加するお祭りを催していて、大きな盛り上がりを見せます。
特に、5月の始まりに行われる例大祭は、様々な祭事が行われ、最も多くの人が集まる時期となります。

神社の境内には神楽殿もありますので、ここで歌舞伎などの伝統芸能が行われるなどして、文化的な活動も行われるのが特徴です。
また、鳳凰の神輿も勇壮なもので、その奉納の際にはとりわけ大きな盛り上がりを見せます。

普段はひなびて落ち着いた雰囲気のある神社ですが、この時ばかりは賑やかな気分に包まれ、大勢の人であふれます。
こちらに参拝に来るなら、こうした祭りの時の狙ってくると、神社の違った姿を見られて楽しいですね。

成人式や結婚式など、様々な祈祷を行っている

この地域の人々にとって重要な神社として、長い歴史を持つ鐵砲洲稲荷神社ですが、若い人たちの将来を祈願するため、成人式や結婚式なども執り行っています。
人生の節目に、日本古来の神様に祈願をし、新たなスタートを迎えるというのも良いでしょう。
また、結婚式などは、神社の厳粛な雰囲気が魅力的で、一生の思い出になる瞬間を作り上げることができます。

西洋スタイルの結婚式が主流になった現在ですが、和の美しい神社で、凜とした空気の中で新郎新婦が挙式をする姿は心動かされるものがあります。
これから結婚を考えている方は、こうした神社での式も考慮に入れてみると良いでしょう。