千代田区・東京大神宮

東京のお伊勢様東京大神宮

東京にあるお伊勢様とされ、日々多くの参拝客が訪れるのが東京大神宮です。
江戸時代、伊勢神宮への参拝は人々の願いとされておりましたが、なかなか叶わず、明治時代に新国家が誕生した際に、人々の願いを叶えるべく、創建されました。

明治天皇のご裁断の元、明治13年に創建をされ、日比谷の地に鎮座していましたが、関東大震災後、昭和三年に、現在の地に移り、名を東京大神宮と改めたとされています。
最初は日比谷に鎮座をしていたことから、日比谷大神宮、その後、飯田橋大神宮、そして、現在の東京大神宮と名を改め、現在に至ったのです。

神前結婚式を中心に、様々な祭典行事が執り行われており、多くの参拝客が訪れ、東京のお伊勢様として、参拝を行っている方も多いでしょう。

天照皇大神など、様々な御祭神

東京大神宮には、伊勢神宮の内宮の御祭神とされる、天照皇大神をはじめ、衣食住、農業、諸産業の神、伊勢神宮の外宮豊受大神も祀られています。

また、造化の三神である、天之御中主神、高御産巣日神、神産巣日神を始め、天照皇大神に仕え、お心を人々に伝えたとされる、天照皇大神の御杖代、倭比賣命も祀られているのが特長です。

伊勢神宮の内宮と外宮、他にも様々な神々が奉斎され、祀られていることから、様々な御利益がある事で知られています。
縁結びを始め、家内安全、商売繁盛、交通安全、学業成就、厄除け開運など、有りとあらゆる成就を記念することが出来るでしょう。

特に良縁を願う参拝者が年々多くあり、縁結びに御利益がある神社としても知られています。
様々な御利益の神が集いし場所ですので、色々と願いがあるという方は、訪れてみるとよいでしょう。

また、日比谷大神宮の名前の時から、境内社として奉斎されている稲荷神社が、稲荷の大神です。
こちらでは商売繁盛、家業繁栄、更に芸道精進を祈る姿も多く、昭和62年から、本殿東北の地より、神門東の現在の場所に移りました。

飯田橋駅から徒歩五分のアクセスの良さ

東京大神宮は、最寄り駅が飯田橋駅になります。

各路線から徒歩5分というアクセスの良さで、駅から遠くなく、苦無く参拝することができる点が特長といえるでしょう。
専用の駐車場がありませんので、車で来る際は、別途別の駐車場を見つけて歩いて来るか、最初から電車で来てしまうことをおすすめします。

複雑なルートでは無く、すぐに到着することが出来ますので、一人で来る際にも安心です。
道すがら、飯田橋の景色を堪能しながらゆったり散歩をしつつ来ることも出来ますので、途中お店に寄るなどしても良いでしょう。

飯田橋は路線の数も多く、JRや地下鉄など、様々な路線を使う事が出来る点が魅力の1つです。