町の中、真っ赤な鳥居が目印の三光稲荷神社 旧長谷川町の絹布問屋であった田原屋村越庄左衛門、木綿問屋建石三蔵という両家が江戸初期に建立したという説、さらに中村座に出演していた大阪の歌舞伎役者だった関三十郎が元禄2年以前に建 […]

商売繁盛の御利益がある椙森神社 東京都中央区、ここにある椙森神社は、恵比須大神をお祀りしている神社です。 恵比須大神といえば、やはり商売繁盛の神様です。 この近隣に暮らす人たちは、椙森神社に商売繁盛の祈願し、幸せに暮らし […]

戦勝祈願を行う銀杏八幡宮 銀杏八幡宮の創建年代は不明です。 ただ源頼義、義家は奥州征伐に向かうとき、この銀杏八幡宮の小高い地の銀杏の枝をさし、これを戦勝祈願し、その帰途、銀杏八幡宮を創建したと伝えられています。 きっとこ […]

べったら市で有名な宝田恵比寿神社 東京の風物詩の一つ、べったら市、これは商売繁盛を願う商家には欠かせない行事として知られています。 このべったら市が行われているのが宝田恵比寿神社です。 創建年代はわかっていませんが、徳川 […]

常盤稲荷神社の由来 太田道灌が室町中期、長禄元年に江戸城を築城する際にできたのが常盤稲荷神社です。 京都伏見稲荷大神の御分霊を頂いたことで、常磐稲荷と名付けられ、同城の守護神とすることになります。 この後、徳川家康公開府 […]

安産信仰がある水天宮 日本橋、人形町にある水天宮は、水天宮通りと新大橋通りの近くにあります。 この水天宮は有馬家下屋敷があった日本橋に遷座され、地域の方々に水天宮として親しまれてきました。 元々有馬家は筑後国久留米、つま […]

松島町と呼ばれた町にあった松島神社 創建はわからないのですが、人の話を聞くと鎌倉時代、1321年以前、柴田家の祖先が下総の国から移り住み、邸内に諸神を勧請したといいます。 天正13年に邸宅を公開しました。 島内は松樹鬱蒼 […]

日本橋七福神の毘沙門天 日本橋には日本橋七福神があります。 日本橋七福神の一つが現在の中央区日本橋人形町にある末廣神社です。 江戸時代初期、吉原がこのあたりにあり、その当時は主神、産土神として、信仰されていました。 しか […]

お茶の木さまといわえた茶ノ木神社 お茶の木さまと古くから親しまれ、現在もそうしたしまれている茶ノ木神社は、御祭神に倉稲魂大社、伏見系の稲荷様です。 元々この地域は、徳川時代に約3000坪という敷地を持った下総佐倉の城主、 […]

稲荷の一理塚と呼ばれた稲荷神社 福徳神社は東京都中央区日本橋にある神社です。 美しい社殿には今も多くの人たちがおとずれる場所となっており、深く親しまれています。 創祀された時期などは確かな時代がわかっていないのですが、神 […]