都の社

東京には無数の神社が存在する

677f2e0534f9bb6336486d8d98c44b15_s東京都には、無数の神社が各地にありその種類も様々です。
背景としては、江戸幕府が開かれて、将軍家を始め有力な大名や武将の加護を受けて、たくさんの神社が創建されたり拡充されたりしたという歴史が挙げられます。

北区にある王子神社や港区の烏森神社はその例で、この時代にはたくさんの庶民も参拝に訪れたという記録があるなど、江戸の都に欠かせない神社となっていました。
また、富岡八幡宮など古い歴史を持つため、変わらない信仰と崇敬を集めている神社もあり、現在までその伝統と歴史が続いています。

比較的最近になってから建てられた神社も多い

創建から1,000以上経っている、歴史のある神社も多くありますが、東京都内には比較的最近になってから建てられたものも多くあります。
その内の一つが東郷神社です。
この神社は、日露戦争において類い希な戦績を残した軍人、東郷平八郎を奉っていて、その勇と知にあやかろうと多くの人が祈願と参拝に来ています。

また、港区の乃木神社もそのうちの一つです。
明治天皇に仕え続け、天皇のご崩御の祭には、妻と共に殉死したという歴史に残る人物です。
その忠誠心の素晴らしさから人々の心を打ち、篤志家の強い願いによって神社が創建されました。

このように、近現代になってから創建された神社には、勇敢な人物や輝かしい功績を残した人が称えられるものが多く見られます。
それだけ、人々に大きな影響を与えたということの証拠であり、日本の歴史に置いて重要な役割を果たしてきたのです。

様々な役割を果たしている神社

6c228d25d4865e7d31a7289dc0c8d4b3_s神道は八百万の神様を奉っているということもあり、それぞれの神社に特色が見られます。
たとえば、波除稲荷神社は、築地魚市場の近くにあるということもあり、魚介類のための碑が設けられていて、商売上の供養を行うことができるようになっています。
また、魚市場で働く人や、やはり近くにある銀座の店で働く人たちが商売繁盛や安全を願って祈願を行う様子もよく見られます。

さらに、赤坂氷川神社に代表されるように、縁結びの縁起があり、神前式を積極的に行っている神社も多くあります。
人と人を結びつける力を持つ神様が奉られていますので、人々もそれにあやかり幸せを祈願するのです。
神前式を行う神社の多くでは、披露宴や親族のための控え室や専用の会場を設けるなどして、より便利に快適に式を進行できるようにしています。

また、神職による雅楽の演奏など、神社での挙式をより印象的にしてくれる奉仕もあり、思い出に残る結婚式を挙げる助けとなるでしょう。
また、江北氷川神社のように、洋装、もしくは仕事に関係する衣装での式を行えるようにしている神社もあり、新郎新婦の好みや要望に細かく応えることができます。

こうした、特色ある様々な神社の数々をこのサイトで取り上げ、その魅力を知っていただくようにしています。